バリ島の空港からタクシーは危険?騙されないおすすめ方法

スポンサードリンク

バリ島の空港に着いたらタクシーでホテルに行きます?

実は乗るタクシーによって料金が全然違うし、日本人はけっこうカモられるんです!

空港にはたくさんのタクシーが止まっているし、空港タクシーサービスなんてのもあります。

特にバリ島のタクシーは交渉して値段が決まることもあります。
好きな人には楽しめるけど、苦手な人はいやですよね。

実は私も空港からホテルへのタクシーやレストランに行く時にぼられた経験があります。
(自慢じゃありませんが、倍くらい払ってしまった・・・)

ということで、バリ島の空港からタクシーを使うのにベストな方法と
ぼられないための注意点を実体験をもとに徹底的に調べました!

バリ島の空港からタクシーは安心?

最初にベストな方法を書きます。
ズバリ!事前にカーチャーターを予約するのがいいです!

理由は簡単、料金も分かっているし、なにしろ楽だから。
(ただ、注意点もあり、下で説明してますので見てくださいね。)

それ以外の方法もあります↓

バリの空港に着くとわかりますが、ゲートを出たところにお迎えのドライバーさんがずらっと並んでいます。
彼らは迎えに来た人の名前を書いたプレートを持っているので、わかりやすいです。

そして、周りを普通のタクシードライバーさんがウロウロしています
スーツケースを引っぱっていると、すぐに声をかけてくるんです。

ここで交渉して、値段に納得いくなら乗ってもいいでしょう。
目安は
クタ・レギャン:約15から20万Rp(2000円くらい)
スミニャック:約20から23万Rp(2500円くらい)
ジンバラン:約15から20万Rp(2000円くらい)
ヌサドゥア:約25万Rp(3000円くらい)
サヌール:約23万Rp(2500円くらい)
ウブド:約40万Rp(4500円くらい)

上記は正規空港タクシーの料金です。

なので、普通のドライバーさんにはけっこう嫌な顔されますが、これくらいが相場です。
自分が仲良くなったドライバーさんは、これより安く笑顔で応じてくれますよ。

交渉がめんどくさいなら、そのまま進んで空港タクシーサービスを使います。
正規タクシーの配車サービスですね。

カウンターで行先を選ぶと、係の人がドライバーさんを指定するので、その人についていきます。
支払いは目的に着いたときにドライバーさんに払います。

場所はちょくちょく変わるので、空港に着いたら看板で確認してください。

ここで、おさらいとして空港からのタクシーの種類をまとめました。

空港からタクシー移動の種類

事前予約
料金がわかりやすくて、迎えに来ているので楽、荷物も持ってくれます!
ただ、日本人経営のサービスはぼったくりが多いので注意!
日本から予約する某大手旅行会社だとクタで70万Rp(7500円!)なんてのもあります。

普通のタクシー
直接交渉で安く乗ることも、でも大体ふっかけてきます。
旅の醍醐味と会話を楽しみたいならどうぞ!

空港タクシーサービス
タクシータイプとワンボックスタイプがあります。
定額制で料金表もあるんですが、料金設定が分かりにくく、割高です。

ウーバー
バリ島にもあります。
これも値段交渉しだいですね。

ブルーバードタクシー
バリ島で一番安くて安心のタクシー。ただ、空港には乗り入れてません!
料金が安いからか、乗り入れ禁止なんだそうです。

空港タクシーサービスの落とし穴と裏技のブルーバードタクシー

空港タクシーサービス料金表もあるので、普通に空港に着いたら利用しそうですが、
落とし穴というか、注意点があります。

早朝や夜間の利用だと、追加料金を請求したり、
ドライバーさんによっては小遣い欲しさにいろいろ言って料金を上げたりします。

定額料金のはずなのに、けっこうメチャクチャをするんです。
知らないうちに多く払ってるなんてことも。

なので、カウンターでタクシー利用のチケットをもらったら
それ以上は払わない!と決めておきましょう。
だって、それが言われた料金なんだから、それ以上1ルピアも払う必要はないです。

もう一つのブルーバードタクシー。

空港乗り入れ禁止なのでまず捕まらないんですが、裏技があります。

それは、【3階の到着ロビーから乗ること】です!

ブルーバードタクシーで空港に来た人が降りたら、そのタクシーを捕まえるんです。

到着は1階だから、ゲートを出たら、そのまま3階に上がりましょう。
意外とブルーバードタクシーが入ってきます。

バリ島で空港からタクシーを使った私の体験記

ほぼ毎年バリ島に行っています。

最初に行った時はバリのリゾートで南国な雰囲気ウットリしてしまい、
分けわからず空港で見つけた運転手さんの言い値で乗りました( ´艸`)

旅の終わりに良心的な運転手さんに送ってもらうときに
「その値段だったら半額でよかったのに」と倍の料金を払っていたと発覚!

そこから流しのタクシーは使っていません。
飛行機で疲れてて交渉もめんどくさいし、安くはならないですからね・・・

2回目はブルーバードタクシーに挑戦しましたが、
運悪くほぼ捕まらなかったので、泣く泣く空港タクシーを利用。
やっぱりちょっと追加料金が・・・となり、交渉が苦手な私はまた多く払いました。

3回目以降は現地で仲良くなったドライバーさんを毎回利用しています。
バリに行く数日前にLINEで連絡して、空港に迎えに来てもらってます。

最初は予約した旅行会社のドライバーさんだったんですが、フリーでもやっているらしく、
名刺をもらって、今では専属のドライバーさんになってもらってます。

私は安く乗れるし、ドライバーさんは直接稼げるしでWIN-WINなようです。

あっ、何度もバリに行くなら、専属のドライバーさんを見つけるのもありですよ!

まとめ

バリ島の空港からタクシーは、そのまま乗るとぼられます。

空港タクシーは正規料金ですが、追加されることもあるので注意してください。

流しのタクシーは、もちろん多くふっかけてくるので、交渉が必要。
まあ交渉が好きで、安く乗れるのならおすすめです。

ウーバーもありますが、普段使ってないと難しい。

でも、一番楽で分かりやすいのが、ネットで事前予約するカーチャーター!
これも会社によってはぼったくりもあるので、いろいろ調べて納得のいくところを選んでくださいね。

裏技で空港出発3階から、ブルーバードタクシーを捕まえることもできます。

バリに到着すると、南国の風に一気に旅気分になりますが、
タクシーは見極めて乗ってくださいね!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました