英会話なら独学で初心者からが良いって理由と方法がこれです!

スポンサードリンク

英会話、しゃべれるようになったら夢が広がりますよね!

海外旅行に行ったら現地でスラっと英会話を話せたらカッコイイ。
例えば、ホテルのチェックインとかたどたどしく、最後は笑顔だけなんてならないし、
現地のお店で気軽に店員さんと会話したり、道に迷ったら聞けるし・・・

やっぱり英会話はできたほうが断然いいです!

ただ、日本で英語を学ぶってなると、スクールとか教材とかお金かかるんですよね。

そこで、私が海外でも困らないくらいの英会話を身に付けた方法をご紹介します。
実際に独学で初心者として学んだ方法です!

笑顔だけだったコミュニケーションをスマートな会話レベルに上げました。
そんなに難しくないですよ!

英会話を独学で、しかも初心者が良い理由

英会話を学ぶなら独学で初心者でもいい!
という理由は、ズバリ覚えやすいから。

変に英語に対するクセがないからです。
頭に入りやすいっていうのもあります。

あと、これは初心者に限ったことではないんですが、
独学だと自分のペースでできるし、スクールなどに行かない分コスパもいいです。

もちろん、独学でするので、使う最適な教材を使うことや英会話を続けて学ぶための環境はしっかりと作っていかないといけません。

次の章では、具体的な独学の方法をご紹介します!

英会話を独学でする方法

英会話独学での成功のコツは毎日の積み重ねが大切です。

1日数十分でもいいから毎日続けること。
週末にまとめて数時間やるより、毎日15分でも続けてほうが効果が上がります。

そして、英会話を独学で学ぶ方法は、
【ヒヤリング・リスニングを徹底する⇒そして、話す】という方法です。

聞いてみる

まず英会話を独学でするには【ヒヤリング・リスニング】を鍛えましょう。

英会話を学ぶとなると、単語や文法、発音とかいろいろ言われますが、
一番大事なのは【ヒヤリング・リスニング力】です。

考えてみると分かるんですが、英語ネイティブの赤ちゃんは単語や文法、発音をわざわざ学んでいません。
親が話しているのを毎日聞いていて、自分も話せるようになるんです。

国語として学校で英語を習いますが、日常会話を学校では学んでいません。

日本語も同じですよね?

あなたは小さいときに日本語の文法やら単語、発音を学びましたか?
(国語としてでなく、あくまで日常会話としてです)

親や兄弟の話し方をまねて、自然にネイティブになりましたよね。

これと同じで、英会話を学ぶなら最初は【ヒヤリング・リスニング】から始めます。

いろんな英会話をインプットしないと、それを話すアウトプットはできませんからね。

おすすめの教材はNHKのラジオ講座です。
レベル別に細かく分かれていて親しみやすく、ワンコインで1か月も学べます。

私も英会話を学ぶのにラジオ講座から始めました。

ラジオ講座は豊富な会話があるので、とにかく聞いて聞いて、シチュエーションごとに覚えちゃいます。

例えば、レストランの会話で、食べ終わったくらいに
店員さん「how’s everything?(いかがでしたか?)」と聞いてきます。
それには、「good!」や「just perfect!」と答えます。
とシチュエーションとして覚えればいいだけです。

これを知らないと、「何を聞いているんだろ?」「なんか食べ物に問題があったの?」
と、ちょっと戸惑ってしまいます。

英会話って、文字通り【会話】なので、文法や単語はあまり関係ありません。
あくまでシチュエーションで覚えておけばいいものがたくさんあるんです。

これを毎日繰り返してやっていれば、数か月でリスニング力はけっこう上がりますよ!

英会話を話してみる

ある程度聞き取りができるようになったら、今度は話してみましょう。

現在ではいろんな英会話ができる場所がありますので、自分で探してみてください。
例えば、カフェで気軽にできるものから教室で通わずに話すシステムもありますよね。

自治体で行っている海外交流などに参加して外国人の友達を作るのもおすすめです。
相手も日本にいる外国人なので、こちらの英語に完ぺきを求めていないので大丈夫です。

私の場合は当時、英語学校の入会テスト?みたいなレベルテストをいくつも受けました。
これって、ただで英会話ができるし、自分のレベルもわかるしで一石二鳥でした。
その後の入会は丁寧にお断りしていましたが・・・( ´艸`)

ということで、
NHKのラジオ講座を聞いて聞いて、リスニング力を上げます。
その後、実践として英語ネイティブの人と話す。

これを繰り返していくことが、英会話を独学で初心者が学び方法です。
最初に書きましが、繰り返しが大事ですよ!

英会話の独学で陥りやすい注意点

具体的な方法をご紹介したところで、今度は学んでいくうえでの注意点です。

NHKのラジオ講座が教材としていい、と書きましたが、英語のレベルは慎重に選んでくださいね。
間違ったレベルの教材だと難しすぎて続けていけません。

書店で教材を手に取ってみて、楽しそうな会話が多い、やってみたいシチュエーションがある、というレベルを選びましょう。

また、何度も書いちゃいますが、毎日続けることが大事です。
そのためにも英会話を学ぶことを習慣化します。

朝起きたら歯を磨くのを同じように、決まった時間に英会話をすると決めます。
習慣でやらないと気持ち悪い、くらいに環境を整えていきましょう。

これは、英語を話す機会作るのも同じです。
定期的に誰かと話せる環境を持っておきます。

独学だと目標を見失いやすく、誰も見ていないのでめんどくさいとサボりがちになります。
特に初心者は陥りやすいので、気を付けてくださいね。

英会話成功のコツは日々の積み重ね、と習慣が大事ですよ。

まとめ

英会話を独学で、しかも初心者から学ぶ方法をお伝えしました。

初心者のほうが変にクセがないので、学びやすく、また独学だとお金をかけずにマイペースでできます。

具体的な方法としては【ヒヤリング・リスニングを徹底する⇒そして、話す】というふうに学んでいきます。

大事なのは毎日続けること。日々の積み重ねが効果的な英会話の実践を支えてくれます。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました