海外ドラマで英語の勉強は大丈夫?現実と本当に使える方法

海外ドラマで英語の勉強は大丈夫?現実と本当に使える方法 英語・英会話

スポンサードリンク

海外ドラマで英語を勉強するってどうなんでしょう?

たしかに英会話学校とか教材で学ぶよ英語よりも、より実践的で生活につながってる英語を学べる気がしますよね。

実際、ドラマだから会話も現実的だし、スラングも入ってより自然な英語を使っています。
だからこそ、海外ドラマから英語を学ぶメリットがありそう。

実は私も、海外ドラマをよく見て英語を学んだ経験があります。
ただ、単にドラマだけをダラダラと見続ければ英語を学んでいけるのかというと、そんなことないんですよね。

ちゃんとポイントがあるんです!

ということで、海外ドラマで英語を勉強するための、ジャンルの選び方や実際のやり方を調べてみました!

私が自分でやってみて効果のあった方法と【英語が使えた】経験もご紹介しますよ。

海外ドラマで英語の勉強はできるの?

まず大事なことですが、
海外ドラマで英語の勉強はできます!

おおいにありですね!

私の場合はこれで生活の面での、いろんな使いまわしや英会話を学ぶことができました。

ネットで【海外ドラマ 英語 勉強】で検索するとたくさん出てきます。

それだけたくさんに人が知恵袋なんかでも質問しているし、
ツイッターでも話題になることが多いんですよね。

人によっては
「海外ドラマなんかで?英語は学なべないよ!」
「そんなの邪道」
とか言われますが、私の実体験でいうと、
「現実に使える言い回しが増えた」と体験しました!

もちろん、海外の大学に行こうとか何かを学ぶための英語であれば、海外ドラマだけでは不十分です。

でも、実践的な英会話やもっとネイティブのような言い回しを学びたいのであれば、
海外ドラマから学ぶのはおおいにありと言えます。

映画の場合はどうなの?

同じように英語を勉強する方法に海外映画(洋画)があります。
ただ、洋画は勉強におすすめできません。
理由は、ストーリーが長いし、字幕が制限のためかなり違約されているからです。

長い映画を何度も見る気にはなれませんしね。

どんな海外ドラマでも英語は勉強ができる?

どんな海外ドラマ、ジャンルでも英語は学べるのか?
学べなくはないけど、学ぶ目的でドラマは選んだほうがいいです。

日常的な会話を海外ドラマから勉強したいのであれば、
ホームドラマやヒューマンドラマなどで時代設定が現代のものがいいです。

海外ドラマから英語を勉強して、どんな人たちとコミュニケーションしたいのか?
自分を表現したいような英語が学べるか?
交流したい人たちの年齢層や特性は、その海外ドラマと合っているか?

なんてポイントを考えてから選びましょう。

例えば、職場での正式な大人としての会話を学びたいなら、そういう系統の海外ドラマ
アットホームで飾らない普段の会話を勉強したいなら、ホームドラマ系ですね。

海外ドラマで英語を勉強したい人たちの間で人気なのは、
【フレンズ】と【フルハウス】です。

どちらも有名なホームドラマ・コメディなので、親しみやすいし、言語の表現や言い回しが、まさに使える英語になっています。
映像としてはちょっと古いんですが、それだけ長く’教材’としても評価されているんですよね。

動画サイトにもたくさん上がっているし、DVDでも販売されています。

ただ、この海外ドラマから勉強するのに注意点があります。

【フレンズ】には英語独特のギャグや下ネタがあり、このまま使うのは難しいんです。
なので、当たり障りのない普段使いの英語を勉強するのであれば、【フルハウス】がいいです。

【フレンズ】は観ていてテンポが早く飽きないし、相手によっては使える英語表現がたくさんあります。
まあ、タイトルのようにフレンズと英語で会話をするならいいんですけどね・・・

海外ドラマを観ながら英語を勉強するやり方!

では、実際に海外ドラマを観ながら英語を勉強するやり方をご紹介します。

最初に条件があって、日本語・英語字幕が表示できるようにしてください。

英語音声+日本語字幕
まずは【英語音声+日本語字幕】の設定にして、耳で英語を聞きながらストーリーを理解します。

ここでどうしても内容がしっかりわからない場合は、日本語音声で一通り聞いて内容を理解しましょう。

ストーリーが分かったら【英語音声+英語字幕】で耳で聞いて、目で文章を確かめます。
(字幕は表示の関係から意訳してる場合があるので、あくまで確認のためです)

覚えた英語のフレーズなりが頭の中に浮かんで来るようになったら、
今度は【英語音声+字幕なし】で観ます。

あとは【英語音声+字幕なし】を繰り返して、BGMのように部屋で流してもいいです。
そのシーンと役者さんのセリフが頭の中で再生されるくらいにします。

ここまでくれば、そのシーンとセリフが記憶されているので、
自分が同じような境遇になったら、言っちゃいましょう!

こうやって言い回しやフレーズを覚えていけば、
同じような場面でうまく話せるようになることが可能ですよ!

私の場合は、ちょっと古いんですが【ウィル&グレース】というコメディードラマが好きで、
女性秘書(名前忘れちゃいました!)の言うセリフが声質とともに好きでよく覚えました。

たとえば、女性秘書が部屋で彼氏といい感じになってきたところに、突然友人が入ってきます。
それに怒って「Invasion of privacy!!」って叫ぶんです。

直訳すると「プライバシーの侵入」となりますよね。
主語も動詞もない、文法としては合ってません。

でも、その状況で言うからこそ、生きてる言い回しなんです。
日本語にすると「ちょっと、プライバシーの侵害じゃないの!!」という感じになります。

この言い回しは、何かをしていて、いきなり邪魔されたときに言うことができます。
かなりカジュアルだから、言う相手を選んでくださいね。

こんな感じで、私の場合はひたすら好きな海外ドラマを何度も見て、
「あ、このフレーズはいろんな場面で使えるなー」と考えながら覚えました。

まとめ-海外ドラマから英語を勉強するために・・・

海外ドラマで英語の勉強はできます。
しかもより実践的で使える言い回しやフレーズを学べるんです。

そのためにも海外ドラマのジャンル選びは大事です。

最初に、どんな相手に対して会話をするのかということを考えてみましょう。
そうすれば、自分が勉強したい映画がビジネス系なのかコメディーやアットホームなのかわかります。

ドラマを使った英語の勉強はひたすら何度も見ること。

でも、ただダラダラ見るのじゃなくて、字幕を変えたりして、
このフレーズは自分のどんな状況で使えるかを考えて見るのがコツです。

もちろん、最後は【英語を勉強する】という強い動機と環境があれば、
それほど難しくなく、習得できますよ!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました