お風呂の鏡はクエン酸でキレイ?他の方法も試す価値はあります。

お風呂の鏡はクエン酸でキレイ?他の方法も試す価値はあります。 生活

スポンサードリンク

お風呂の鏡、使っていると曇ってきますよね。
水垢が着いて、うろこ状になったりして、お風呂に入っても何も見えなくなっませんか?

実は我が家のお風呂は長年、この鏡のくもりに悩まされてきました。

いわゆる定番のお風呂の鏡にクエン酸も試しましたが・・・・
くもりは取れなかったんですよね。

いろいろネットで調べて、様々な方法を試したけど、決定的な解決策が見つからずにいたんです。

でも!徹底的に調べるとクエン酸だけじゃない、お風呂の鏡をきれいにする方法はありました!

ここでは、その調べて試して納得だった方法をご紹介します。

お風呂の鏡には、まずクエン酸でやってみる

とりあえず、おさらいというか、定番・基本の方法であるクエン酸から。

お風呂の鏡をクエン酸できれいにするには、
クエン酸をスプレーなどで直接鏡に吹きかけ、上からラップをかぶせて蒸発しないようにします。

しばらくクエン酸が鏡から水垢をとるのを待つと、きれいになる。
というやり方です。

この方法は鏡の水垢がまだ少なく、曇りも醜くない状態であれば効果があります。
ちょっと鏡が曇ってきたな、と感じた初期にやればいいでしょうね。

余談ですが、水垢の汚れじゃなくて、たんに水蒸気で曇る場合は
ジャガイモを使ってみましょう。

ジャガイモの皮で実のほうを直接鏡に塗りつけ、そのまま乾かします。
これだけで水蒸気による曇りを防げます。

クエン酸で落ちないなら

クエン酸でやっても鏡のくもりが落ちない場合です。

いくつかの方法があるので、ここでご紹介します。

スケール除去剤(グラスパワー)という洗剤を使って、鏡をこすってみます。
これで落ちる場合もあります。

上記の洗剤を使うのに、ダイヤモンドパッドというスポンジを使ってみましょう。
水垢を削る効果があるので、くもりが取れるはずです。

また、カー用品にあるガラス用コンパウンドという研磨剤で水垢をこすり落とす方法もあります。

さらには、『水垢とったる!』っていうスポンジも売っています。
文字通り水垢を取るためのスポンジなので、これも試してみる価値ありです。

お風呂の鏡への最終的な手段、もっと削る??

お風呂の鏡のくもりがクエン酸で落とせなくて、研磨剤とうの洗剤やスポンジでも落ちないのなら、
物理的に水垢を削っていきます。

耐水ペーパー(サンドペーパー)を使って削りましょう。

サンドペーパーで磨くとなると、なにやら大げさに思いますが、
やり方はいたって簡単で、道具のホームセンターで全部そろいます。

サンドペーパー1500番から2000番程度を手のひらサイズの木片などに巻き付けて、
水を使いながらこすりましょう。

この時に先ほどご紹介した、ダイヤモンドパッドも使いながらこすります。
あまり力強くこすると鏡自体に傷が多くついてしまったり、サンドペーパーが破れるので慎重に。

クリームクレンザーと併用すると、クレンザーの成分である脂肪酸ナトリウムが作用して、
鏡自体に傷をつけにくくしてくれます。

まとめ – お風呂の鏡とクエン酸・他の方法

お風呂の鏡のくもりを落とすには、初期の段階ではクエン酸の効果で落とせます。

ただ、しばらくたってしまったくもり・水垢を汚れは頑固になるので、
スケール除去剤やダイヤモンドパッドを使ってみましょう。

それでも落ちそうにないくもりなら、サンドペーパーを使って物理的に削り取る方法もあります。

ご自宅のお風呂の鏡を見て、汚れ具体を確かめてから試してみてくださいね。
とりあえず安いので、クエン酸からやってみるといいですよ!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました