排水口の臭い?洗面所なら2か所の原因がある!対処法はこれです。

排水口の臭い?洗面所なら2か所の原因がある!対処法はこれです。 生活

スポンサードリンク

排水口から臭いがしてくる洗面所で困っているなら、2つの原因があります!

一つはよくある【洗面台の排水口】水が流れていくところですね。
もうひとつは、【洗面台の下、排水管の根本】です。

私の家は築10年の賃貸マンションで、入居当時から洗面所が臭ってました。
そこで、排水口と排水管を自分で掃除してなんとか臭いを取ったんです。

その経験も含めて、洗面所の排水口からの臭いを取る方法をご紹介します。

まず最初に、原因を探ることから始めましょう。
それは、臭いのもとが【洗面台の排水口】か【洗面台の下、排水管の根本】かです。

下の原因場所とその対処方法を見てくださいね。
しっかり臭いの元を追及して、対処すれば臭さはなくなりますよ!

洗面台の排水口が臭い場合は

最初に考えられるのが、この排水口が臭いパターンですね。

一口に排水口が臭いといっても、その原因には2つあります。

ゴミ受けの汚れ

トラップの水不足
です。

洗面台の水が流れるところにゴミ受けがありますよね。
穴が開いてる金属のやつです。

ここにゴミがたまっていて臭い場合があります。
長年の髪の毛や歯磨き粉などの石鹸カス等が付着し腐敗してるんです。

ゴミ受けを取って洗ってあげましょう。

ゴミ受けより下にも悪臭の原因が溜まってることもあります。
この場合は、サンポールやパイプフィニッシュなど発泡系の洗浄剤でゴミを溶かします。

そうなんです。原因がわかってから洗浄剤を使うんです。
臭いからっていきなり使わないんですね。

他にも、重曹でシュワシュワと汚れを落とす方法もあります。

次に、トラップの水不足ですが、
一般的な家庭の洗面台は排水管がS字になっています。

これはS字トラップといって、「S」の形で真ん中部分に水をたまるようになっています。
水が蓋になって、臭いや虫が排水口まで上がってくるのを防いでいるんです。

水が溜まってる状態を「封水」といいますが、水が十分でないと臭いが上がってきちゃいます。
顔を洗うときに、水を勢い良く出したりして封水まで流しちゃうことで起こりるんです。

この場合は、夜寝る前に水を少しずつ流して、S字部分に溜めましょう。
ちょっと時間をおいて、臭いがなければOKです。

洗面台の下、排水管の根本が臭いなら

洗面台の排水口にゴミはないし、中もきれい、S字トラックに封水もたまっている。
だけど、まだ臭う。

そんなときは排水管の根元をチェックします。

大体の場合は、根元に隙間ができて、そこから臭いが漏れているんです。
洗面台の下の扉を開けて収納スペースを臭ってみるとわかります。

排水管の根元が臭ってるなら、対処法は3つです。

防臭ゴム栓で止める

防臭ゴムは排水管の周りに蓋をしているゴムですが、これがもともとなかったり、劣化してことがあります。
簡単に交換できるので、試してみましょう。

「カクダイ 防臭ゴム」がおすすめです。
※購入時はご自宅の排水管のサイズを測って行きましょうね。

パテで埋める

かたまりにくいパテでエアコンの配管などにも使われているものです。
形が作りやすく素人でも扱いは簡単です。適量を手に取って、隙間を埋めていきます。

「セメダイン 不乾性充てん材 すきまパテ」というのが扱いやすいですね。

補修テープで埋める

耐水性のある補修テープで排水管を巻いて隙間を埋めます。確実に隙間を埋めることができますよ!

「3M スコッチ 強力多用途補修テープ」がおすすめ、家中使えるので、買っておいて損はないです。

以上の3つの方法のいずれかで、隙間を埋めれば排水管の根元からは臭いがなくなります。

ただし、ここまでしてもまだ!洗面台が臭いのであれば、ほかの原因も考えられますので、
業者を呼んでみてもらいましょう。

マンションの場合は、共有の排水管の臭いこともあります。
そうなると管理会社の担当になりますね。

我が家は1年くらい臭かったんです・・・

築10年の賃貸マンションで、引っ越した当初から洗面台が臭ってました。
最初は芳香剤などでごまかしていたんです、臭いはずっとそのまま。

いろいろ忙しくて1年くらい放置していたんですが、やっぱり臭い!
管理会社に電話もしたけど、態度が悪くなかなか対応してくれなかったんです。

なので、自分で調べて排水口の掃除からしました。
発泡系の洗浄剤で排水口を洗ってみたけど、臭いは取れない・・・
ゴミ受けのヌメヌメもきれいにしたんです。

それで、S字トラップまで外して洗ってみました。
しばらくきれいになったので、臭いもなかたんですが、時間がたつと臭いが再発!

洗面台の下をのぞいて、臭ってみて、排水管の根本が臭いことを発見。

よく見たら、根本の部分がちょっと欠けていて、隙間がありました。
そこからずっと臭いが上がってきてたんですね。

うーん恐ろしや、下の階の臭いなんかも上がってきていたと思います。
ずっと放置していたとは・・・

その後は速攻で補修テープを買ってきて、排水管の根本をぐるぐる巻きにしました。

けっこうしっかり巻いて隙間をガッチリ埋めました。
当然、臭いもそれ以来なくなりましたよ!

まとめ – 排水口の臭い洗面所は・・・

洗面所が臭いのは、【洗面台の排水口】または【洗面台の下、排水管の根本】が原因です。
まず最初にどちらが臭いのか確認しましょう!

洗面台の排水口なら、ゴミ受けや排水口部分をきれいに掃除します。
いわゆる洗浄剤でゴミを溶かすのもいいですね。

次にS字トラップの水が十分にあって、蓋をしてるか確認します。

洗面台の下、排水管の根本なら、3つの方法で隙間を埋めちゃいましょう!
ゴム栓かパテか、補修テープか。

手軽で後でも使えるのは補修テープですね。
我が家は補修テープで臭いを撃退しました。

原因を見つけて、対処すれば臭いは取れますよ!

まあ、それでもだめなら業者を素直に呼びましょう・・・

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました