歯磨き粉のフッ素入りは子供に安全なの?危険と適量を知って正しく使おう!

歯磨き粉のフッ素入りは子供に安全なの?危険と適量を知って正しく使おう! 生活

スポンサードリンク

うちの子どもは1歳半から歯磨き粉にフッ素入りを使い始めました。
フッ素入りは虫歯に効果があると聞いていたので、

でも、フッ素って実は怖い物質なんですよね。
人間が積極的に採らなくていい成分でもあるんです。

そんなフッ素を歯磨き粉で朝昼晩と我が子に使っていて大丈夫なんでしょうか??

今回は歯磨き粉のフッ素入りを子供に使う場合を徹底的に調べてみました!

歯磨き粉のフッ素入りは子供に使っていいの?

そもそもの疑問で、歯磨き粉のフッ素入りって子供につかっていいんでしょうか?

もちろん、各メーカーから子供用が出ていますが、毎日使うものだし、
うちの子はまだ、うがいが上手くできないので、誤飲することもしばしば。
飲み込むのはよくないんですよね・・・

フッ素症といって、永久歯の表面に斑点ができてしまう病気もあります。

でも安心してくださいね!

結果として日常的にフッ素入り歯磨き粉を使うのは、まず問題ないです。
市販されているフッ素入り子供用歯磨き粉には、そこまで多くのフッ素が入っていないからです。

フッ素症だって、フッ素を大量に採るとなる病気なので、大量に採らなければまず大乗でしょう。

しれでも心配なら、フッ素の濃度が低いものを選んで使うのがいいですね。

フッ素入り子供用の安全な量は?

次にフッ素の安全な量をご紹介します。

1‐2歳児は500ppm以下の歯磨き粉を使いましょう。
歯磨きもうまくできないので、ジェルやスプレータイプがこの年齢にはおすすめです。

3歳児からは500ppm以上900ppm以下の歯磨き粉を選んでくださいね。

市販のフッ素入り歯磨き粉であれば、用法用量を守っておけば間違いないです。

ただ、処方箋でもらう本格的なフッ素や歯医者さんで直接塗ってもらうのは、濃度が高いので歯医者さんの監視のもとで行いましょう。
こっちはへたするとフッ素症になっちゃいますからね。

ちなみに、うちの子はフッ素950ppm配合の歯磨きジェルを使っているので、ちょっと多いですね。
しかも朝昼晩と毎日使うのは怖いので、夜だけにしようと思ってます。
(というか、濃度の低い歯磨き粉に買い換えます!)

歯磨き粉のフッ素の効果について

歯磨き粉に入ってるフッ素は虫歯予防にいいんだろうなーと、なんとなくわかるんですが、ではなぜフッ素は歯にいいのか?

フッ素が歯の表面をコーティングして、虫歯の感染症から歯を守ってくれるからなんです。

またフッ素の効果は濃度によっても変わってきて、1000ppm以上のフッ素入り歯磨き粉で、実に虫歯予防の効果が500ppm高くなると6%も上がる研究結果が出ています。
(WHO世界保健機構調べ)

まとめ – 歯磨き粉にフッ素入りを子供に使うなら

ということで、歯磨き粉でフッ素入りでも子供が使うことに問題はありません。
ただ年齢によって用法用量を守って使いましょう。

1‐2歳児は500ppm以下
3歳児からは500ppm以上900ppm以下

市販のものは濃度も低いので、心配はいりませんが、歯医者さんで直接塗るものや処方箋が要る薬剤は濃度が濃いので注意が必要です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました