虫歯で神経を抜くのは痛い?歯のなかで起こっていること

虫歯で神経を抜くのは痛い?歯のなかで起こっていること 生活

スポンサードリンク

虫歯で神経が痛い場合は、ほぼ神経を抜くパターンが多いです。
ただ神経を抜くって、なかなか想像がつきませんよね。

「虫歯治療って削ることだと思ってた」
「神経なんて抜いても大丈夫なの」
なんて疑問が湧いてきてしまいます。

ということで、今回は:
虫歯で神経を抜くのは痛いのか?
そもそも神経の役割って?
抜いた後は痛い?
私の体験談

以上の4つをご紹介していきます!

虫歯の神経って痛いの?

虫歯治療をしていて、進行が深くなると単に虫歯を削って詰め物で完了!とはいかなくなります。
菌が歯の根元まで進行していると、歯の神経まで抜くことになります。

いわゆる虫歯で痛いのは、この神経に菌が入っているからなんですね。

ここまでくると、神経を抜くことになります。

神経を抜くのは痛いのか?というと、
実は痛くありません。

というのも麻酔をしてから治療が行われるので、痛さを感じることはないです。
ただ、完璧ではないので、場合によっては痛む場合もあります。

よく歯医者さんで「痛かったら手を上げてくださいねー」というのは、これのためです。

虫歯の状況や麻酔の効きぐあいで、運悪く痛いってこともありますが、だいたいの場合は【神経を取る!】といっても構えなくても大丈夫です。

まあ、歯の麻酔というのは上の歯にはは効きやすく、下の奥歯には効きにくいのと
麻酔と言っても表面麻酔をしっかりやってから行うのかで効きが違ってきます。

それでも麻酔がちゃんと効いていれば、「なにかしているなー」くらいで、何んも感じずに終了してしまいます。

そもそも歯の神経ってなぜあるのか?

虫歯が進行して痛みを感じる神経、この神経って普段は何も感じませんよね。
いったいなぜ?歯のなかにあるんでしょうか?

実は歯の神経には大事な役割があって、一番には【歯に栄養を運んでいる】
歯は硬い素材でできていますが、体の一部として栄養が必要です。

そのため神経は歯に栄養を運んだり、歯が機能するように役立っているんです。

それだけ大切な歯の神経なんですが、虫歯治療では抜かれてしまいます。

神経を抜いちゃうと、歯に栄養が届かなくなって弱くなり、変色したりして、本当はよくないんですよね。
でも、今の歯科治療だと虫歯の進行を止めて痛みをなくすには、神経を抜くのが良い方法とされているんです。

虫歯で神経を抜いても痛いことがある

虫歯治療で神経を抜いたあとでも痛むことがあります。

単に麻酔が切れたために痛むためです。

そのため、治療後に歯医者さんで痛み止めのお薬をもらうことが多く、2週間くらい飲んで痛みを和らげます。
もちろん、2週間もいらないこともあるし、耐えられない痛みではないです。

ただ、まれに神経を全部抜いていなかったり、治療が雑で菌が残っていたりすると、歯の根っこ(歯茎)が炎症を起こして痛いことがあります。
こうなるとまた治療が必要なので、すぐに歯医者さんに戻りましょう。

虫歯で神経を抜いた時の痛い経験

私の場合は上の歯の真ん中くらいに虫歯があり、歯医者さんに行きました。

よくある削って詰め物のパターンだな、くらいに軽く考えていたら、
実は進行が深くて神経を抜かないといけないと言われました。

初めてのことですが、まあ従うしかなく歯医者さんにお任せ。

麻酔をしてもらって神経を抜きましたが、ここまでは順調。
神経を抜く痛さは全く感じませんでした。

ただ、神経を抜いた後に歯の根元まで洗浄するんですが、
これが超痛い!激痛なんてもんじゃなく、今まで感じたことのない痛さ!!

「手を上げるどころでなく、叫んでいました」

さすがにグリグリと洗浄されたので、痛さはハンパなかったです。

そのあとは薬を詰めて歯にふたをして完了でした。

虫歯治療で神経を抜く – まとめ

虫歯の神経を抜くことは麻酔をするので痛さはほぼ感じません。
人によっては「なにかしてるな」くらいですぐに終わってしまいます。

ただその後に麻酔がきれるので、どうしても痛さはあります。
とはいっても耐えられない痛さではないですけどね。

あまりに痛い場合は炎症を起こしてるかもしれないので、
歯医者さんに行きましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました