入国審査で英語が話せないのは大丈夫?スムーズに進める方法

英語・英会話

スポンサードリンク

海外旅行で一番始めに出くわす英語の場面が入国審査です。
やっぱり英語を使って進むので、話せないといけないのか?
しかも初めての海外なら入国審査ってどんなものかわからず不安になりますね。

今回は、入国審査で英語が話せないとどうなるのか?
また私の体験談から入国審査で意識する注意点、入国審査の流れをご紹介します。

年に数回入国審査をこなしているので、実体験で書いてます!

入国審査で英語が話せないと入国拒否になる??

入国審査でたとえ英語が話せなくても大丈夫です!
単純に英語が話せないことが理由で入国拒否になることはありえません

よほど怪しい恰好をしていたり、帰りの航空券を持ってなかったりなどでなければ、まずないです。

あらかじめ
【何日滞在するのか】
【滞在するホテルの住所や予約が確認できる書類】
【帰りの航空券もあるとわかる書類など】

があれば問題ないです。

また、特別な場合や質疑応答が変な場合は別室に連れていかれ、通訳が付いて調べられます。
それでも、普通の旅行者だとわかれば、入国拒否にはなりません。

なので、まず入国審査で英語ができないからって入国拒否にはならないと覚えてください。
逆に気にしすぎて緊張すると怪しまれますよ!

一口に入国審査といっても厳しい国や緩い国など、いろいろあります。
たとえば、ハワイやグアム、バリ島などは日本人観光客も多いので、審査官が日本語で話しかけてくることもあります。
また、余計なことさえ言わなければ、ほとんど話さなくて完了しちゃうことも。

観光が盛んな国ほど旅行者はお金を落としてくれるので、意外と入国審査はすんなりしています。
私も毎年バリ島やグアムに行くんですが、入国カードをキチン書いてあれば、入国審査でほとんど話しません。

なかには無言で終わることもありました。

入国審査が厳しい国でも、入国カードをちゃんと書いていて、挙動不審でなければ
いろいろ厳しい感じで質問されることもありますが、【英語わからない】オーラを出しておけばOK。

先ほども書いたように、入国審査で英語が話せないからって入国拒否にはなりません。

英語が話せないのを気にしすぎることはないです。
日本から行くのなら、入国審査でもほぼ周りも日本人なので、審査官も日本から来たフライトで日本人が多い。
さらに英語がわからないんだろうと察しています。

よほど突っ込みたくなること(何日滞在やホテルがわからない、帰りの航空券がない)がない限り、審査官も英語の分からない人に時間をかけたくないでしょう。

最近は自動審査機のタッチパネル式がありますね。
それなら、さらに英語を話すことはないです。

ただ、最低限の英語のやり取りは覚えておきましょう。
Hello や Thank you 相手の聞いてくることくらいは理解できるように。

入国審査で英語が話せなくても、注意はしましょう

入国審査で英語が話せなくても大丈夫なんですが、注意する点もあります。

ひとつは分からない質問に簡単にイエスと言わないこと。
「何言ってるか分からないからいいや、イエスイエス」とその場を流そうしてくなりますが、これはけっこう危険です。
質問によっては思わぬトラブルになることもあります。

たとえば、「この国で禁止されてる薬品を持っているか?」という質問に
「何言ってるかわからない、イエスです」と言っちゃったらどうなります?

分からない質問をされたら、首をかしげていましょう。

もうひとつは、余計なことはなるべく話さないこと。
たとえば、友達に会いに来たとしても【観光です】と言っておきましょう。

私は昔、アメリカに留学した友人を訪ねに行ってことがあります。
その時に入国審査で「友達に会いに来た」と言ったため、
「その友達が迎えにきているのか?」
「その友達はアメリカ人か?」
「その友達とはどうやって知り合った?」
など矢継ぎ早に質問されて困惑した経験があります。

なので、余計なことは言わずに「観光で5日滞在です」とシンプルに言いましょう。

入国審査の流れ、これだけ覚えておけばまず大丈夫!

入国審査で英語が話せないのは大丈夫?スムーズに進める方法

ここでは実際の入国審査の流れをご紹介します。
行く国は違ってもだいたいこの流れは世界共通です。

まず入国審査の列に並びます。
「next!」ってだいたい不機嫌な感じで呼ばれます(笑

呼ばれたカウンターに行って「Hi!」と一言いいましょう。
パスポートと入国カードを渡します。

すぐに「What is your purpose of visit? 滞在の目的は?」と定番で聞かれます。
visit が trip という単語に変わったりしますが、最初の質問はだいたいこれなので、
「Sightseeing, 5days 観光で5日間です」と答えちゃいましょう。

うまくいけばこれ以上は質問はされません。
しつこい審査官だと滞在するホテル名やどうやってホテルに行くのかなど聞いてきます。
これらの質問が分からなければ、首をかしげましょう。

向こうも観光で来た英語の分からない旅行者だな、と思ってハンコを押してくれます。
(態度が悪くなく、ニコニコしていればいいです)

けっこうあっさりで思った以上にカンタンだと感じます。
入国審査をやったことがないと、変に厳しそうだなと緊張しますが、こちらにやましいことがない限り、英語が話せなくてもまったく問題はないです。

入国審査で英語が話せない – まとめ

入国審査にて英語がほとんど話せないのは問題になりません。
よほど怪しくなければ、審査官も突っ込んできません。

しかも英語が話せないからって入国拒否はありえません!

入国カードをちゃんと書いて、滞在先のホテルや日数が明確なら大丈夫です。

ただ、最低限の英語での質疑応答は分かるようにしておきましょう。
あと、Helloなどの挨拶を忘れずに。これで印象も変わります。

あとは、決まっていること以外の余計なことをしゃべらないようにします。

入国審査はいっけん厳しく見えますが、英語がはなせなくたって怖くないです。
逆に緊張しすぎておどおどするほうがマズイので、堂々としていましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました