ひじきを保存する期間の長さ?3つの保存方法も知っておきましょう!

ひじきを保存する期間の長さ?3つの保存方法も知っておきましょう! 生活

スポンサードリンク

ひじきの煮物をたくさん作ったんで保存したい!
でも保存期間ってどれくらいなんでしょうか?

また、ひじきは煮物だけでなく、そのままの生ひじきや乾燥ひじきもありますね。

今回は、ひじきの保存期間と方法について調べてきました!

保存期間もさることながら、どうすればうまく保存できるのかも分かりますよ!

ひじきの保存期間と方法

ひじきの保存期間は、保存方法によって変わってきます。
保存方法には3つありますね。

常温なら:半日~1日
冷蔵保存なら:3~4日(味付けで5~7日くらい)
冷凍保存なら:約1ヶ月

上記は一般的な調理したひじき(ひじきの煮物など)が余ったから保存したいという場合です。

常温なら:半日~1日

やっぱり短いですね、これくらいしかもちません。
季節にもよりますが、夏ならもっと短いかも。注意しないとすぐ痛みます。

冷蔵保存なら:3~4日(味付けで5~7日くらい)

普通の水で戻したひじきなら3日から4日くらいが保存期間です。
調理した特に味の濃いひじきの煮物なら7日間は持ちますね。

ポイントは水分をなるべき落としてから保存すること、水分が残っていると痛みやすくなります。
また、冷蔵保存の場合は途中で食べたりするので、タッパーウェアに入れておくのがおすすめです。

あと、冷蔵庫で保存して少しずつ食べるなら、新しいお箸で扱いましょう。
口をつけたので、そのまま直箸すると細菌が入って腐りやすくなります(らしいです・・・)
衛生的な問題ですね。

まあ、我が家の場合は結局冷蔵庫に入れといても2日くらいで消費しちゃうので問題ありませんが・・・

冷凍保存なら:約1ヶ月

ひじきの保存としては一番長く1ヶ月保存できます

それ以外では、生ひじきや乾燥ひじきを戻した場合もありますね。
それらの保存期間は冷凍して約2週間くらいです。

生ひじきはそのまま冷凍保存するのがいいですね。
こちらも冷凍での保存期間はだいたい2週間です。

乾燥ひじきを戻したものでも、やっぱり冷凍で2週間くらいになります。

ひじきがダメになると・・・

水っぽくなって、酸っぱくなります。また、粘り気があり、糸をひくことも。
ここまでくると異臭もして食べられないと判断できます。

ひじきの煮物でいいのは

ひじきと相性がいいのは油揚げですね!
ひじき油揚げをご飯と一緒に炊飯器で炊いたり、枝豆と一緒にかき揚げにするのもなかなか美味しいです。

生ひじきとは?

生ひじきと呼ばれるものは、乾燥させたひじきを蒸して戻したもので、海からそのまま生のままというわけではありません。
生のままのひじきは渋みであるタンニンを多く含んでいるので、食べられません。
一度茹でて乾燥させると、タンニンが少なくなって食用になります。
なので、窯で茹であげて天日干しさせた「干しひじき」が一般的です。

ひじきを冷凍保存するときの注意点

なんだかんだ冷凍保存が一番長く保存できて便利ですよね。

ここではひじきを冷凍保存するさいの注意点をご紹介します。
ただ調理したひじきを冷凍庫に入れればいいわけじゃないんです。

まず、調理するひじきにこんにゃくは入れないようにします。
そして、粗熱をとって十分さましてから、水分もできるだけなくします。
あとは、平らにして空気を抜いてから、冷凍します。
ジップロック、フリーザーバッグやラップで包むのがいいですね。

これは調理してないひじきでも同じです。

冷凍は一気にやらないで、1回分を小分けにして包むと解凍もしやすいのでおすすめ。

保存期間は1ヶ月ですが、1ヶ月以上をすぎると冷凍焼けして美味しくなくなってきます。

さらに、一度冷蔵保存していて、そこから冷凍したいのなら、もう一度火を通しておきましょう。
そして粗熱をとって水分をなくし、小分けにして冷凍します。

ひじきの冷蔵保存を解凍するなら

こんどは解凍するのに注意するコツをお伝えします。

冷凍保存したひじきを解凍する方法には3つあります。

自然解凍
湯せん
電子レンジ

自然解凍

この中で一番いいのは、やっぱり自然解凍ですね。
ひじきの食感や風味を保ったまま食べられる状態にしてくれます。

次が湯せん

ジップロックやフリーザーバッグで冷凍してたなら、バッグごとそのまま鍋にかけて湯せんができます。
湯せんでもひじきの風味や食感を壊さずに解凍できます。
あっ、温め過ぎは禁物ですよ!

最後が電子レンジ

手軽だし、時間がないときは電子レンジになっちゃいますね。

注意したのは、ひじきってレンジにいれるとバンバン跳ねます(笑
あと乾いた感じになるので、ちょっと風味が飛んじゃうんですよね。

なので、時間を調節して解凍しましょう。

気になるなら、30秒ずつ設定して細かく解凍するのもありです。

ひじきの保存は・・・

ひじきの保存期間は意外と短くて、常温なら1日、冷蔵保存でも4日くらいです。
また冷凍保存は約1ヶ月。

冷蔵ならタッパーウェアなどを使って保存すれば重宝します。

冷凍保存のポイントはこんにゃくを入れずに調理して、粗熱を取り、よく水気を切ること。
あと空気にふれないように、たいらにして冷凍します。

解凍するなら、できれば自然解凍がいいですね。
電子レンジなら時間を調節してひじきが跳ねないようにします。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました