オーストラリアの英語を学べる映画のすすめ!一度は見たい5作品たち

オーストラリアの英語を学べる映画のすすめ!一度は見たい作品たち 英語・英会話

スポンサードリンク

オーストラリア英語・オージーイングリッシュは独特な言い回しや発音が特徴で、アメリカ英語とは明らかに違いがあるので、聞き慣れるとハッキリわかるんです。

ただ、日本で英語といえば、アメリカ英語が大部分なんですよね。
だから、ふだんよほど気を配ってないとオーストラリアの英語に出会う機会はなかなかないです。

でも気軽にオーストラリアの英語に触れられるのが映画!
オーストラリア映画にもハリウッド級のけっこう有名なものがあります。

そんな、オーストラリア英語を学びたい・聞いてみたいあなたにおすすめの、オーストラリアの映画をご紹介します。

オーストラリア英語が聞けるおすすめの映画

オーストラリア英語が聞ける映画ということで、ジャンルはいろいろあります。
ラブコメディーからホラー、シリアスものまで多岐にわたっています。

1.クロコダイルダンディー

まずはオーストラリア英語の映画として超有名なクロコダイルダンディー。
1986年の映画でちょっと古いんですが、随所にオージーイングリッシュが出てくるし、オーストラリア文化にも触れられます。
いわゆる典型的な主人公も含めて、オーストラリア英語をしゃべっているので参考になります。

2.ペーパー・プレーンズ

2014の作品で紙飛行機で世界大会を目指す少年のお話。ストーリーが理解しやすく、子どものオージーイングリッシュも出てくるのでわかりやすいです。
また、この映画では日本に関係することも出てくるので、日本人としては映画に入りやすいかも。

3.プリシラ

1994年制作のコメディードラマ。ショービジネスで活躍する3人のゲイが中古のバスを買って、大陸を横断する話です。
ドラッグクイーンの恰好をしてオーストラリアの田舎町を旅するのがなんとも不思議な感じです。
スモールタウンに住んでいるバリバリの地元オージーイングリッシュが聞けます。話の内容もしっかりしていて、コメディーですが感動もあり。

4.ミュリエルの結婚

これも有名なオーストラリア映画ですね。結婚願望の強いちょっとイケてない女の子の話。
随所に80から90年代のオーストラリアを感じられる内容になっています。
お話はラブコメディーですが、両親が不和や不倫があったり、兄弟の確執があったり、けっこうオーストラリア社会を移している場面も出てきます。
なので、オーストラリア英語もより自然に近いセリフで表現されているので、おすすめです。

5.チョッパー・リード(史上最凶の殺人鬼)

メルボルンに実在した殺人鬼のお話。実はをもとにしています。
ちょっとホラーな感じなんですが、事実に基づいていて、オーストラリア英語の視点からだといわゆる悪い人たちの使う英語が聞けます。

オーストラリア英語を映画から学ぶなら

オーストラリア英語の映画なので、ここでオージーイングリッシュを学んでみましょう。

映画から英語を学ぶなら、まずは
【英語音声+日本語字幕】で映画をみます。

ポイントは字幕を意識しすぎないこと、せっかくオーストラリア英語で聞いているので、音声に意識を集中させて映画のストーリを理解します。
まずは映画として純粋に楽しんでください。

一度見終わってなんとなくストーリーがつかめたら、今度は【英語音声+英語字幕】で観てみます。

英語の音声が頭の中に入ってきたなら、次は【英語音声+字幕なし】でもう一度見ます。
ここからは字幕に頼らずに、オーストラリア英語を耳で聞いて映像で理解できるようになっています。

あとは、繰り返し映画を見ていれば、しだいに耳が慣れて映画のフレーズを記憶できるようになり、オージーイングリッシュを習得できますよ!
(暗記するくらい繰り返し見る必要はありますが・・・)

たまに日本語字幕と音声の英語をリンク合わせて覚えようとする人もいますが、これは間違い。
映画の日本語字幕って限られたスペースで訳をするので、かなり意訳されています。

だから、英語本来の意味を理解して覚えるには英語字幕も使うことが大事なんです。
これはオーストラリア英語の映画でも同じことですね。

オーストラリア英語の映画との出会い

私が最初に出会ったオーストラリア英語の映画はミュリエルの結婚でした。
実はその後10数年後にオーストラリアに留学したんですが、ほぼまったくミュリエルの世界そのもので、オーストラリア英語も同じでしたね。

オージーイングリッシュは聞き取れない、特殊だ!というのを耳にしますが、そんなに特殊でもないし、アメリカ英語のあの下を巻きまくったRの発音よりは聞きやすいです。
フラットな英語の発音だと感じました。

それよりもスコットランド地方の移民の人のほうが、恐ろしいくらいに英語訛りがあって簡単な英語でも聞き取りにくかったのを覚えています。

いずれにせよ、オーストラリアの英語が使われてる映画を何度も見て慣れてくれば、現地でも使えるオージーイングリッシュが学べますよ!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました