枝豆の薄皮が黒いけど、これって食べても大丈夫なの?

枝豆の薄皮が黒いけど、これって食べても大丈夫なの? 生活

スポンサードリンク

枝豆のなかにさやは緑色なのに、薄皮や豆自体が黒いものに遭遇したことってありますか?

いきなり黒豆が入っていると、びっくりしますよね。
「これって食べられるのか?」
「豆が病気になって腐っているのか?」

こういうのってたまに起こります。

今回はサクッと枝豆で薄皮や豆自体が黒い場合について調べてみました。
意外と簡単な理由だったんです。

枝豆の薄皮が黒い

枝豆の薄皮が黒い場合には2つのことが考えられます。

1つは、黒枝豆である可能性で、
もうひとつは、豆が腐っていて傷んでいる可能性です。

黒豆は枝豆よりも高級な品種とされていて、値段も通常の枝豆の3倍以上はしていて、味もやはり普通の枝豆より美味しいくなっています。

見た目がいわゆる緑色のさやで【枝豆】として見えていても、実は開けてみたら黒枝豆だったなんてこともあります。
だから、薄皮が黒くてなんだか心配だな、と思うよりもむしろラッキーといえますね。

もうひとつのほうは、あまり考えたくないんですが、豆が腐っていたりなんらかの病気にかかっているために黒いことがあります。
この場合は見た目だけでなく、香りや味が悪いのですぐにわかります。

また、腐った感じに黒っぽいところと白っぽくなってる部分もあるので、見た目でも判断できます。

枝豆で黒いのはおせち料理の豆だった?!

我が家でも以前におせち料理の準備をしていて、この黒い枝豆に遭遇したことがありました。

とおうのも、我が家では通常おせち料理の黒豆はふつうにスーパーなどに売っている既製品を買うんですが、この時はなぜかご近所からもらった枝豆をつけ添えにしようとなったんです。
それで単に塩ゆでして食べようとしたところ、さやから取ってみると豆が黒かったんです!

私も最初に黒い枝豆が出てきたときには「これは傷んで腐っている!」と焦りましたが、実家の母に「それは黒豆だよ」と教わったのでした。

しかも母は、「それはもっと美味しい丹波の黒豆かも」とまで言っていて、二人で笑ったことがありました。

それだけ、枝豆から黒豆が出てきたらラッキーなんですよね。

もちろん、それが腐っていたり傷んでいたら食べちゃダメですけどね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました