親が入院したら仕事はどうする?休むか休まないかの判断は・・・

親が入院したら仕事はどうする?休むか休まないかの判断は・・・ 生活

スポンサードリンク

親が入院したら仕事を休みますか?

突然に起こることで、どうすればいいのか困ってしまいますよね。
自分には自分の生活があるし、実家を出ているのならなおさら行動するのが難しかったりします。

ただ、他の頼る人がいなかったり、両親のどちらかだけでは心もとない。
兄弟が使えなくて、自分しかいない・・・

そんな状況もあると思います。

そこで、今回は、親の入院と自分の仕事について、
親の入院で仕事を休むべきなのか?
休むなら、どれくらいの期間が必要なのか?
という視点を調べてみました!

親がとつぜん入院したら、仕事は休む?休まない?

親がとつぜん入院してしまって、仕事を休む必要があるんでしょうか?

基本的な回答は、【仕事を休みましょう!】です。

もちろん、入院した病気や怪我の程度によりますが、大事に至らない症状でも、やはり家族なので最初の日くらいは仕事を休んで付き添ってあげるべきです。
また、入院当日はもろもろの手続きや今後の流れの説明などもありますからね。

私の場合は、長男で兄弟も別の場所に住んでいたこともあり、最初に連絡してから親が入院する病院に向かいました。
その際は上司にちゃんと事情を話、次の日に休みを取っていきましたね。

親が入院して仕事を休みのは最初に1日という人が圧倒的ですが、なかには3日ほど休みという人もいます。

ただ、ほとんどの病院では完全介護であることが多いので、高齢者が入院となるとまあまあの手厚い処遇が期待できるんです。
ですので、最初の日だけは重要なので、仕事を休んで一緒にいてあげて、次の日には仕事に復帰するのがいいです。
(もちろん長期入院で要介護が発生したり、重度な病気で深刻な場合はもっと休むべきですが・・・)

親が入院して付き添う場合についても書きました、こちら

親の入院で制度を利用する場合について

その会社・上司によって変わる?

コンサートだろうが、介護だろうが仕事を休むための有給は有給と扱われます。
特に自分が会社で責任のあるポジションであると、親の入院でいきなり休みを取るのが厳しいこともありますね。

この有給の取りやすさは会社や上司によっても変わってくるので、普段から意識して良好な関係を気づいておきましょう。
嫌な上司で、親が突然入院したので休みますってなると、あとあとめんどくさいですからね。

仕事をどうしていくか?

ここからは親が入院してしまったあとで仕事をどうするかについて、ちょっと調べてみました。

仕事を長く休む

親が高齢で入院した場合には、たんに病気や怪我が回復して退院となるのはまれで、回復も遅くリハビリが必要になることもあります。
また、入院が原因でその後はねたきりになってしまうことも・・・

そうなると、たんに有給を取って仕事を休むという程度ではなく、長期に休み事になってしまいます。

この場合は、介護制度などを活用してうまく乗り切っていくことが大事です。

仕事を辞める

これはお金の問題や自分の将来もかかわってくるので、家族で相談して
自分ひとりで抱え込まないのが重要です。

親の年齢や体の調子が気になってきているのなら、普段からちょっと相談して予想もしておきましょう。

親の入院で仕事を休んだ友人

私の友人は45歳で都内で中間管理職をしていました。
しかし、ある日の会議中に母親からの電話がなります。

話を聞いてみると、父親が自宅の階段で踏み外して腰を骨折したんだそうです。

そこから長男であったことと、奥さんには頼みづらかったため、すぐに上司に相談して次の日には有給を取ったそうです。

東京から電車で3時間ほどの実家に戻り、入院の付き添いやら身支度などをこなしました。
本当は1日で戻ってくる予定だったんですが、合計で3日の有給を取って仕事を休んだんです。

というのも、実家ではこれまた足腰が弱い母親のためにいろいろ手伝いをしてあげたりして、「自分がすごく頼られてる」と感じたと。

こういうことを聞くたびに、他人事ではなくいつかは自分の親も入院したりすることがありえますよね。
それはこの私の友人のように突然起こりうることでもあるので、普段からどのように行動すればいいのか?仕事は休むべきか考えておいたほうがいいですね。

まとめ

親が入院してしまったら、最初の日は仕事を休んでみてあげましょう。
入院の初日には手続きなどもあり、やはり誰かはついてないといけないからです。

そこから入院の程度によりますが、仕事を今後どうするのか考えます。

大体の人は親の入院で3日くらいの有給を取って仕事を休みます。
もちろんこれは親の病気や怪我の程度と会社から有給を取りやすいかでも変わってきます。

とにかく、親が高齢になると突然やってくる避けて通れない問題でもあるので、普段から意識して考えておくのが大事ですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました