揚げ物で使った油の保存はこうする!期間とか何回使うことができるの?

揚げ物で使った油の保存はこうする!期間とか何回使うことができるの? 生活

スポンサードリンク

揚げ物をしたあとの油の保存方法をご紹介します。

揚げ物でちょっとだけ使った油なら、もったいないからもう一度使いたいですよね。
ほとんどのご家庭で油は保存して再利用していますが、油を保存するポイントはいくつかあるんです。

油、特に揚げ物に一度使った油はデリケートなので、ちゃんと保管しないといけません。
でないと油の質が悪化して、体に怖い悪影響をおよぼしちゃうんです。

保存する容器や場所にもちょっと気を使う必要があります。

また、一度使った油をもう一度使うのも何度使えるのか?保存期間はどれくらいなのか?
そんな疑問も調べてみました。

これからは、良い方法で油を賢く保存して、うまく再利用していきましょう。

揚げ物の油を上手に保存する方法

まずは揚げ物のあとの油を保存する方法です。
基本は【冷まして、ろ過して、保存する】の3つのステップですが、それぞれのステップで注意したいポイントも書きました。

1.冷まして

揚げ物あとのまだ熱いうちに、揚げカスをなるべくきれいに油から取り除きます。
こうすることによって、揚げカスが油にのこり劣化するのを防ぎます。
全部を取るのも難しいので、大きくて目立つものをササっと網などで取っていきましょう。

2.ろ過して

油を保管する容器の上に油濾し紙やキッチンペーパーを置いて、油を注いでいきます。
油をろ過する専用のペーパーもありますが、適当なものがなければティッシュペーパーでもかまいません。

ここでは油の温度に注意してくださいね。
熱すぎると容器を傷めるし、冷めすぎてると油が粘ってうまくろ過してくれません。
揚げ油を使った鍋やフライパンを手で触れるくらいになったら良いタイミングです。

3.保存する

最後は油が入った容器を保存します。
油は空気に触れていると酸化して質が悪くなってしまうので、蓋をしましょう。
蓋をすると虫が入るのも防げますからね。

あとは油を完全に冷まします。そのあとでシンクの下など光が当たらない、涼しいところに置いておきます。

ステップ3の保存するときに大切なのが、保存する容器です。

揚げ物の油を保存するのに適している容器は【光を通さない・蓋がある】ものを選んでください。
ここではいくつかの容器をそれぞれ解説していきます。

ホーローの専用保存容器

これが一番、というか特に理由がなければ、このホーロー製の保存容器を使いましょう。
ホームセンターや100均でも「油ポット」などの商品名で売っています。

油を入れやすく蓋もあって、ものによっては注ぎ口まであります。
炒めものをするのにちょっと使うようなこともできちゃいますね。

ペットボトル

一番身近にあるし、手っ取り早く保存容器として使えます。
キャップを閉めれば密閉もできるので、油を保存するのに便利ですね。

ただ、注意点がいくつか。
まずペットボトルだと透明なので、光を通さないようにアルミホイルで包みましょう。

また、油が熱いと容器が溶けてしまうので、注ぐときは十分に冷ましてから。
注ぎ口も狭いので、ろ過しながら注ぐには漏斗が必要になりますね。

ガラス瓶

ガラス瓶も使えます。
ただ、ペットボトルと同じように光を通さないようにします。
またガラスが耐熱性でないと、熱い油で割れてしまうので注意してください。

牛乳パックなどの紙パック

一見軽くて、液体も入るから便利そうですが、これはダメです
牛乳パックの密閉性は弱く、もとは紙なので油がにじんでしまいます。
蓋もないので油が参加しやすく保存容器としては使えません。

揚げ物油の再利用はどれくらいまで?

ちゃんとした専用容器に保存した場合には、保存期間はだいたい2-3週間です。
この期間のうちに2回か3回くらいで使い切ってしまうのが理想です。

そうはいっても、最初に使ったときに何を揚げたのかによって使われた油の質も変わってきます。

たとえば、野菜を天ぷらなどで素揚げだった場合は、油も澄んでいてそこまで汚れていないので、再利用しやすいです。
逆に、鳥から揚げやフライなど肉や魚を使って味付けもある場合は油汚れがあり、再利用しにくくなります。

いずれにせよ一度使われた油なので、あまり長い期間は保存できないし、使える回数も限られてると思ってください。

揚げ物油は悪くなると危険!

最後に保存している油が酸化するとどうなるのか?

油は空気に触れると酸化が始まります。
酸化が進むと過酸化物や遊離脂肪酸という体に悪影響をおよぼす物質が発生してしまうんです。

こんな質の悪い油で料理をすると、お腹を壊したり胸焼けや吐き気ももよおします。
もちろん、揚げ物も食感が悪かったり、妙に油っぽい感じになります。

酸化が進んで悪くなった油は、

粘りがある
嫌な臭いがする
加熱すると泡が消えない
180度くらいで煙が出てくる

という特徴があります。

上記のような感じの油だと使い物にならないので、もったいないですが、諦めて捨てましょう。

揚げ物の油を保存する方法 – まとめ

揚げ物で使った油の保存方法は、揚げカスを取り除いてから十分に冷まします。
ほどよく冷ましたところでろ過しながら保存する容器に移しましょう。

保存する容器はホーロー製の油保存の専用容器がベストです。
それ以外でもガラス瓶やペットボトルでも代用できます。

保存できる期間は2-3週間で、使うのも2-3回が目安です。
一度使った油で酸化が進んでいるので、なるべく早めに使い切ってしまいましょう。

酸化進んでしまった油は体に悪影響があるので、もったいないですが捨ててしまうのがいいです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました