プラスチックの黄ばみはオキシドールで落とす!他にも用途別に方法が。

プラスチックの黄ばみはオキシドールで落とす!他にも用途別に方法が。 生活

スポンサードリンク

プラスチックが黄ばんじゃったときにはオキシドールで落とせます!
やり方もいたって簡単ですが、実は他にもオキシドールに代わる便利なものがあるのを知ってましたか?

今回はたんにプラスチックの黄ばみをオキシドールで落とす方法だけでなく、ほかにも効果のあるものや、黄ばんでしまう原因も掘り下げてみました。

これを読めばプラスチックの黄ばみをより効果的に落とせるし、予防をすることにも役立ちますよ!

プラスチック黄ばみをオキシドールで落とす方法

それでは、まずは本題のプラスチックの黄ばみをオキシドールで落とす方法をご紹介します。

これはほんとに簡単です。
次のステップで進めていきましょう。

①キッチンペーパーにオキシドールを含ませて、黄ばみの部分にペタッと貼ります。
②15分くらいそのままにして、時間が来たらキッチンペーパーを剥がします。
③あとは黄ばみごと新しいキャンペーンで拭き上げて完了です。

これでだいたいの場合はプラスチックの黄ばみはきれいに落ちているはずです。
オキシドールの乾燥を防いで効果を高めるために貼った上からラップをするのもいいですよ。

ここでの注意点はオキシドールは劇薬なので、素手で扱わないほうがいいですね
ゴム手袋などをして肌を保護してください。

また、色の付いてるプラスチックだと色落ちの可能性もあるので、一度目立たないところで試してからやってみてください。

オキシドールは手軽に黄ばみを落とせるので、小さい箇所の黄ばみなら、キッチンペーパーに染み込ませてサッと拭くだけでも落とせます。

プラスチック黄ばみにはオキシドール以外でも

プラスチックの黄ばみを取る、というのならオキシドール以外にもいろいろと便利なものがあります。
それぞれも参考にしてみてくださいね。

1.メラミンスポンジ

細かい粒子のスポンジで激落ちくんと系統のスポンジです。
サッと使えて、そのまま捨てることができるので準備もいらず手軽です。
他の用途にも使えるし、今では百均でも売ってますね。

研磨剤が入っていてプラスチック面を傷つけやすいので注意してください。
40片メラミンスポンジで約259円

2.花王のワイドハイターEXパワー

洗濯物の漂白剤としても有名な洗剤ですね。
これも漂白活性化剤と過酸化水素水という黄ばみを落とす成分が入っているので、使えます。
ワイドハイターEXパワーの場合は浸け置き漂白が基本なので、プラスチックの黄ばみも浸け置きで落とします。

やりすぎると黄ばみ以上に漂白効果が高いので、用法用量を守らないと危険です。
1000mlのワイドハイターで約373円です。

3.重曹

油汚れや消臭効果もある万能なお掃除のともです。
昔から使われてる洗剤だし、キッチン周りでいろいろと使えます。
これも百均やドラッグストアに売っています。1kg298円くらいで買えますよ。

以上がプラスチック黄ばみを落とせるスポンジや洗剤です。
メラミンスポンジが準備もいらず一番手軽です。
またオキシドールは浸け置きや濡らせないパーツの黄ばみ落としに向いています。

じっくりと黄ばみを落としたいならワイドハイターなどで浸け置きをすることをお勧めします。

プラスチックが黄ばんでしまう原因

ここではプラスチックが黄ばんでしまう原因をご紹介します。
これを知っていれば、黄ばみの防止になりますよ。

プラスチックが黄ばんでしまう原因には大きく分けて4つもあります。
そうなんです。4つも原因があるんですね。

1.プラスチックの劣化

プラスチック成分である樹脂が老化することによって黄ばんできます。
そして、この黄ばみは残念ながら落とすことができません。

2.化学変化により黄ばみ

日常生活をしていても化学変化によって黄ばみを起こしてしまいます。
たとえば、酸化防止剤などによって変化が起こり、黄ばみことも。
押し入れに長期保管していて、久しぶりに開けてみたら黄ばんでいた!なんて経験ありますよね。

3.日焼け

屋内で使う製品ならなかなかないのですが、屋外で日光にさらされても黄ばみが起こります。
プラスチックが焼けてしまい黄ばみますね。

4.タバコや食べ物など油汚れ

タバコのニコチンや化学物質、食べ物や油などが付着すると黄ばみも発生します。
これは普通に汚れを落とすことで黄ばみも落とせます。

以上がプラスチックが黄ばんでしまう4つの原因です。
長期保管していて黄ばんでしまうのは意外でしたよね。

プラスチックの黄ばみを取る!まとめ

プラスチックが黄ばんでしまったならオキシドールで落とすことができます。
やり方は簡単ですが、劇薬なので扱いには注意してくださいね。

また、オキシドール以外でもプラスチック黄ばみを落とせるものが多くあります。
メラミンスポンジや花王のワイドハイター、古くからある重曹でも落とせますね。

ただプラスチックの黄ばみといっても、その原因には4つあり、中には黄ばんでいても落とせないプラスチックの劣化もあるんですね。

それ以外の黄ばみならオキシドールやそのほかのモノを使って、用途に合わせて上手に使いたいですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました