玉ねぎの保存で半分に切った場合は?ベストな方法を知っておきましょう!

玉ねぎの保存で半分に切った場合は?ベストな方法を知っておきましょう! 生活

スポンサードリンク

玉ねぎってほぼ毎日の料理に使うんですが、半分に切って使うこともあります。
その場合、残った半分の玉ねぎはどうやって保存するのがいいんでしょうか?

ここでは皆さんのふだん行っている玉ねぎ半分の保存方法を掲載しています。
同じような保存方法がほとんどですが、なかにはヒントになる方法もあります。

また、切った場合の保存期間はどれくらいなのか?
常温保存で食べちゃってもいいのか?
いろいろ疑問はありますよね。

さらに、半分に切った玉ねぎで気になるのが皮を残すかどうか・・・
このあたりも調べてまとめてあります!

ぜひ、ご自分が行ってる玉ねぎ半分の保存方法にひと工夫加えてみてくださいね。

玉ねぎの保存方法*半分に切ったなら

玉ねぎの保存方法で半分に切った場合は、
【ラップやジップロックなどを使って冷蔵庫に保存】
が基本の保存方法です。

この時にラップなどでピッタリ包んで、できるだけ空気に触れないようにするのがポイント。
また、冷蔵庫といっても野菜室があるなら野菜室に入れてくださいね。

その他にも、皆さんの保存方法にはいろいろあります。

・半分のものは薄く切ってスライスにして冷凍します。
・半分のままだと使いきれないので、薄切りにして水に晒してからラップして冷蔵庫へ、次の日にはサラダに混ぜて食べますね。
・切り口に油を薄く塗ります。こうすると乾燥から防げるんです。あとはラップして冷蔵庫へ。

皆さんやはりほぼ同じですね。
でも、スライスにしたり、冷凍だったりとちょっとした工夫をすることもできるんですね。

玉ねぎ半分の保存期間

ここでは半分に切って保存した玉ねぎがどれくらいもつのかお伝えします。

だいたの目安として冷蔵庫で保存した場合は1週間から2週間くらい
ただ、玉ねぎの状態によってはもう少し短くなります。

切り口からどんどん水分染み出してきて傷んでいくので、目安よりも早めに食べきっちゃうのがいいですね。

スライスだとさらに保存期間は短くなります。
もって3日から4日くらいです。

日が立つと半分玉ねぎは冷蔵庫のなかで変色して柔らかくなっていきます。
保存した玉ねぎを使うときには、一度手で押してみたり色を確認してください。

使わなかった玉ねぎを長く保存したいのなら、いっそのこと一度炒めてあめ色くらいにして保存するのもおすすめです。
冷蔵庫から取り出してすぐにスープやカレーなんかに使えますよ。

玉ねぎの皮はむく?むかない?

ここでは半分にした玉ねぎの保存で気になる皮について書いてみした。
ずばり、半分玉ねぎの保存にさいして、皮をむくかむかないかです。

皮をむく
あとで使う時にめんどうなので、皮はむいてしまいます。

皮をむかない
外側からしなびてしまうので、皮をむかずに保湿のためにとっておきます。

これだけだとあまり比較にならず変わらないようですが、皮付きだと水分が出にくいので保存期間が長くはなります。
ただ、そこまで厳密に違いはないですね。
どちらでもお好きな方法でいいと思います。

その他:玉ねぎの半分を保存するときに注意したいこと

半分にした玉ねぎでもラップでしっかり包めば週間はもちますが、保存期間の最後の方になると発芽してる場合もあります。
あの玉ねぎの真ん中から緑色の芽が出ちゃってる状態です。

ものによっては1週間くらいで発芽することもあります。

この発芽してしまった芽って大丈夫なんでしょうか?

もちろん、大丈夫です。普通に食べることができます!
ジャガイモなんかと違って、芽に毒性はありません。

ただ、発芽する段階だと芽に栄養分が移ってしまっているので、残りの玉ねぎの部分はスカスカで味が薄くなっています。
上手に調理して食べたいですね。

半分にした玉ねぎの保存は・・・まとめ

半分残った玉ねぎの保存にはラップかジップロックをして冷蔵庫で保存します。
長くて1週間から2週間はもちますが、なるべく早く食べてしまいましょう。

玉ねぎは切り口から水分が染み出して傷んでいきます。
スライスだとわずか2日から3日でも悪くなるので、やはり早めに食べちゃうのが大事です。

半分を保存するときはなるべく皮も付いていたほうが水分が出てくるのを少しは防いでくれるので、保存する期間が長くなる場合もあります。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました