枝豆の栄養って冷凍するとなくなるの?品質や味に遜色はないの?

枝豆の栄養って冷凍するとなくなるの?品質や味に遜色はないの? 生活

スポンサードリンク

冷凍の枝豆ってここ数年に急速に広まって来ましたね。
解凍するだけで食べられるし、手軽だしお弁当のおかずにも使えたります。

でも、ちょっと疑問が・・・
この冷凍の枝豆って栄養は冷凍だから劣っているんでしょうか?
冷凍するときに生の枝豆の栄養が失われてないの・・・?

冷凍食品って生と比べてちょっと栄養が劣っているというイメージがありますよね。

今回は枝豆の栄養が冷凍で失われているのかどうか?
また、枝豆を冷凍保存したい場合についても調べて書いてみした。

枝豆の栄養は冷凍でなくなる?

まず、【冷凍=栄養が劣っている】という頭の中の図式を捨ててください

つまり枝豆は冷凍になっても栄養はなくなりません!
むしろ逆に生の枝豆より栄養価が高い場合もあるんです。

というのも、冷凍にする枝豆は旬のベストな枝豆を素材としてサッと茹であげ、急速冷凍します。

季節で一番栄養価が高い枝豆を味や栄養価、品質を損なわないように急速冷凍で閉じ込めます。
だから、季節外れの生の枝豆を近所のスーパーで買うよりも、冷凍の枝豆のほうが断然良いこともあります。

国産枝豆で信頼のできるブランドなら、冷凍保存されたほうが、ありがたくいただけますね。

最近の冷凍保存技術ってそれだけ進歩しているんですね。

ただし、冷凍の枝豆を選ぶなら国産にしましょう。
国産ならだいたいの場合は原材料が枝豆と塩のみで防腐剤などの添加物はないはずです。

ところが、怪しいのだと日本では認められない農薬が使われていたり、残留農薬の濃度が高かったりします。

やっぱり安心できる国産の枝豆を食べたいですね。
(もちろん国産だからといって100%安全とは限りませんが)

枝豆の冷凍保存でベストなのは?

さて、枝豆の栄養は冷凍してもなくならないと分かりましたが、自分で冷凍保存するとなるとちょっと知っておくべきことがあります。

最初に枝豆を冷凍保存するのなら、茹でてください。

よくネットで【枝豆 冷凍保存】と調べてると【生でそのまま冷凍】と【茹でてから冷凍】のどちらも解説しています。
だけど、枝豆の品質や栄養価、味のことを考えると、茹でてから冷凍したほうがいいです

枝豆は収穫されてからも中で成長を続けています。
成長を続けることで、たくわえてある栄養分が使われて味や品質はどんどん悪くなっていきます。

その成長には酵素が働いているんですが、この酵素の働きを茹でることによって止められるんです。

つまり、茹でることによって枝豆の成長を止めて中にある栄養分や味を保つことが出来ます。
その状態で冷凍保存をすれば、そのままおいしい枝豆をキープできる!というわけです。

逆に生のままだと中途半端に酵素の働きが起きて、冷凍中でも枝豆が成長してしまうことがあります。
そうなると栄養や美味しい部分が冷凍中にもなくなっちゃいますよね・・・

また、一度茹でてから冷凍保存すると、解凍してすぐに食べることができます。
自然解凍でも水で戻してもすぐに使えるから、朝のお弁当の準備でも手間をとりません。

枝豆を冷凍保存するときの注意点

枝豆の冷凍保存は茹でてそのまま冷凍すればいいだけ、とシンプルなんですが、いくつかの注意点があります。

まず、茹でてあとは水気をよく切ってください。
水気が残っていると、冷凍したときに一緒にその水分も凍ってしまい、枝豆のおいしさに悪影響を及ぼします。

水分が冷凍で膨張して、枝豆のさやが割れておいしさが逃げちゃう!なんてこともありますからね。

また、冷凍保存とはいっても長期の保存にはむいていません。
保存期間はだいたい1-2ヶ月が目安。

やはり、どうしてもご家庭での冷凍技術では業務用のような急速冷凍にはかなわないので、味や品質・保存期間は劣ります。
なるべく早く食べるのがいいですね。

枝豆の栄養は冷凍で落ちるのか? – まとめ

枝豆の栄養は冷凍しても落ちません!
むしろ良いシーズンのベストな枝豆を冷凍に使うので、生の枝豆より栄養価が高いこともあります。

業務用の急速冷凍ってすごいんですね!

ただ、選ぶなら国産の安心できる冷凍枝豆にしましょう。
怪しいのものだと農薬を使っていたり、残留農薬の危険もあります。

またご自分で枝豆を冷凍するなら、まずは茹でて、そして冷凍します。

こうすることによって、枝豆の栄養と味・品質を閉じ込めることが出来ます。
生だと成長する酵素の働きで逃しちゃうんですね。

あとはやっぱり家庭で冷凍したものは痛みやすいので、早めに食べるのがいいですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました