タピオカの原料ってカエルの卵なの?意外な事実からわかったこと

タピオカの原料ってカエルの卵なの?意外な事実からわかったこと 生活

スポンサードリンク

今現在ブームになっているタピオカドリンクですが、このドリンクのメインであるタピオカって何からできているのか知っていますか?

ネットのウワサでまことしやかに騒がれているのが【タピオカの原料はカエルの卵】というウワサです。
たしかに形も似ているし、色もそれっぽいからカエルの卵と思う人がいても不思議でないですよね。

ただ、実際のタピオカを見て食べてみるとわかりますが、決してカエルの卵ではないんですよねww

じゃあなぜ?タピオカの原料はカエルの卵だなんて妙なウワサが流行ったのか?
ここには実は意外な事実があったんです!

今回はタピオカの原料がカエルの卵というウワサを解明してみました。

タピオカの原料はカエルの卵??

まず、タピオカの原料はカエルの卵ではないですよね

形や色は似ていますが、食べてみるとカエルの卵でないことは明らかにわかります。

では、なぜ??そんなことが言われているのか?

それは形や色だけでなく、実は台湾に【カエルの卵】という名前で売っている屋台があるんです。
だから、そこから巡って日本のタピオカドリンクにもカエルの卵という発想が定着しました。

もちろん、名前だけでその屋台でもタピオカはタピオカとして販売しています。

だってタピオカじゃなくて本当にカエルの卵なんかで商売をしていたら、それこそ大変なクレームが来ちゃいますからね。

じゃあタピオカの原料ってなに?

カエルの卵じゃないなら、タピオカの原料はって何?と思いますよん。

原料はキャッサバという芋です。

ここから皮を取ったり、蒸したりして抽出したデンプン粉がタピオカのもとです。
これを加工をして例のあなたが見るプニュプニュのタピオカが出来上がります。

ちなみにこのタピオカ、実は原料としてはでんぷん質(糊)なので小学生が図画工作で使う【ヤマトのり】同じなんです。
もちろん、原料が同じでんぷん質だからといって【ヤマトのり】は食べられませんよ!
あれは工作のための道具として加工されていますから。

タピオカがカエルの卵ならまだマシ?

またタピオカがカエルの卵に見えるからといって単に原料がカエルの卵からきているとは、ほんとに安易な考え方ですよね。
しかもタピオカ自体をわかっていない人は「タピオカドリンクの下に入っている黒いプニュプニュが苦手だ」って、タピオカ自体を否定しちゃってることも。

これなんかは笑えないくらいで、むしろ呆れちゃいますね。

そんな勘違いされやすいタピオカですが、カエルの卵っぽいのなら【バジルシード】のほうがよっぽどカエルの卵に見えます。

タピオカの原料がカエルの卵ってよりもバジルシードのほうが・・・

まとめ

タピオカの原料はカエルの卵だ!って言われているウワサは、台湾の【カエルの卵】という屋台から来ていたんですね。
そのほかにもネットでのウワサでカエルの卵疑惑が広がっていったのです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました